yuicaインタプリターとは

yuicaインタプリターとは

日本産精油を牽引するyuicaには、インタープリターという資格を取得できる講座があります。

アロマというと「アロマ・アドバイザー」「アロマ・インストラクター」「アロマセラピスト」という資格名称が一般的です。

しかし、yuicaは、日本産精油を用いた実践的解説員としての担い手育成を目的とし「インタープリター」という名称を用いています。

精油の扱いはもちろん、アロマを介して日本の森林保全にも意識を向け、実際にアクションを起こせるようなインタープリター。

アロマ・フィエスタは、資格取得のその先のインタープリターとしての「実践と活動」を全力で応援しています。

 

介護アロマ講座 15名の方が修了

介護アロマ講座  15名の方が修了

2019年長野開催の浅井先生の介護アロマセラピスト講座が終了しました。

今回は、15名の皆様との出逢いがありました。

今年の講座では、在宅で看取りを目指すための貴重なお話を沢山伺わせて頂きました。

介護や医療従事者の方から一般の主婦の方まで、参加された皆様のそれぞれお立場は異なります。

その中で、ほんの小さなことでも何かご自分にもできる事があるのではないかという、大きなヒントを頂けたのではないかと思います。

アロマ・フィエスタは、この学びを実践に活かして頂けるようなサポートも続けてまいります。

日本の匠の技による「削り花」

日本の匠の技による「削り花」

わずか数ミクロンという極限の薄削り。

それは、精巧な鉋(かんな)、研ぎ、台の調整など、日本の匠の技が生み出すもの。

Maribowlにも似合う美しさ

日本の森から生まれたアロマyuicaをきっかけに、ご縁を頂いた「削ろう会」の会長である上条先生。沢山の職人さんに敬愛されるその道の匠のおひとりです。

日本産の精油を扱っていなければ、出逢えなかった世界の皆さん。

2019年5月11日と12日は、極限の薄削りを競う大会が、長野県伊那市で開催されます。

削り花のアロマボールモビール
森の花嫁をイメージした削り花のリース
シフォンのリボンのように薄くは柔らかく

広がる介護アロマの輪

広がる介護アロマの輪

2013年に長野での第1回がスタート。

2018年までに71名の皆さんにご参加頂きました。

長野県内は、長野市、千曲市、上田市、東御市、小諸市、佐久市、軽井沢、松本市、安曇野市、塩尻市、諏訪市、伊那市、木曽町、木島平と、ほぼ県内各地からご参加頂いています。

県外では、群馬、新潟、横浜、町田からの参加もありました。

在宅介護をされている主婦の方、セラピスト、介護従事者、医療従事者、将来に備えてのOLさんなど参加目的も様々です。

今後、介護はだれもが避けて通ることが難しい時代。

転ばぬ先の杖で介護が必要になる前にこその参加をお勧めします。

浅井式介護アロマ むくみケア
浅井式介護アロマ 癒しの手

アロマななそらの佐藤知恵さん

アロマななそらの佐藤知恵さん

佐久市のうすだ健康館に併設の「アロマとハーブの専門店ななそら」さんに伺って来ました。ななそらの佐藤さんは、お父様の闘病中にアロマを体験して頂いたことがきっかけで、アロマセラピストを目指されたとのこと。

現在、佐久市でアロマやハーブなどを介した様々な取り組みをされています。

アロマやハーブに加え、いろいろな介護アロマの学びもされ、アロマ・フィエスタ主催の浅井先生の介護アロマセラピスト講座にも参加してくださいました。

2015年のかおりの祭典にも出店してくださった佐藤さん。

これからも共に手を取り合って様々な活動をしていきたい、大好きなセラピストさんです。

アロマななそらさんの情報はこちらから

https://aroma-nanasora.jimdo.com/

介護アロマセラピスト受講生の声

介護アロマセラピスト受講生の声

介護アロマセラピスト養成講座は、これまでにも様々な立場の方が参加してくださっています。

表題は「介護アロマセラピスト」ですが、介護をされている方以外でも、もちろん受講可能です。

これまでにも、障害のあるご家族のため、不登校のお子さんのため、天に召されたご両親に何もできなかった…など、参加された皆様の想いは本当にそれぞれでした。

もちろん、介護従事者、医療従事者の方もいらっしゃいますし、アロマセラピストの方もいらっしゃいます。

浅井先生の介護アロマセラピスト養成講座は、「寄り添う人を増やす」ための講座と感じます。

皆様にも周りにも、ご家族だけでなく、お知り合いにも、心身ともに疲れを感じている人が、きっといらっしゃるはず…。そんな方達への寄り添いの手立てにもなる浅井先生の介護アロマ講座。

過去の受講された皆様のお声もご覧ください。h

11月の介護施設アロマボランティア

11月の介護施設アロマボランティア

毎月1回行っているアロマボランティア。

普段は、精油持参で香りを確認していただいたり、傾聴やハンドトリートメントなどをさせていただいています。

今日は、介護アロマセラピストでもあり、認知症予防ゲームの活動を行っている永井かおりさんにもお越しいただきました。

途中から、全員一緒に、認知症予防ゲーム。

永井さんの歌声に合わせて、皆さまがとても楽しそうに、時には一緒に歌を口ずさみむ笑顔が微笑ましく印象的でした。

森香炉(鳥獣戯画)特別仕様 限定品

森香炉(鳥獣戯画)特別仕様 限定品
yuicaの人気商品、森香炉

伝統的な「七宝」と「鳥獣戯画」の猿追い柄

付属の芳香液は、宇治覆香玉露ブレンド

宇治茶の老舗 丸利吉田銘茶円の最高級玉露
(米ぬかオイルの浸出油(インフューズド)

希少価値の高いクロモジ

奈良時代に渡来したみかん果実の一種「橙」(ダイダイ)のブレンド。

香り玉に香りを浸み込ませてあり、
落ち着いた玉露の香りに、ダイダイが爽やかさを添えています。

箱入りなので、贈り物としても人気です。

軽井沢追分「油や」と東御市八重原 明神館で、お求めいただけます。

アロマ・フィエスタでの扱いは、残り4個のみ。お早めに。

毎月1回介護施設でのアロマボランティア

毎月1回介護施設でのアロマボランティア

私たちは、介護施設でのボランティアや視覚に障がいのある方のサポートをさせて頂いています。

アロマセラピーは、おひとりおひとりに丁寧に寄り添ってこそ、その真価が発揮されるもの。

ボランティアも画一的なケアではなく、介護施設では9名の皆様の様子を拝見しながら、それぞれの方に、それぞれのケアをさせて頂いています。

背中だけに触れさせて頂く方。
タオルの上からのハンドトリートメント。
膝下をトリートメントをさせて頂く方。
傾聴のみをさせて頂く方。

認知症の進んだ皆様なので、毎回「はじめまして」のご挨拶からですが・・・

それでも、ふとした会話の中で、私たちが触れさせて頂いたことを、どこか心の片隅に覚えていてくださっているのではと感じることがあります。

それが、私たちの喜びとなり、そして明日への希望もいただいています。

 

長野県に介護アロマの環が広がっています

長野県に介護アロマの環が広がっています

来年2019年の介護アロマ講座募集が始まりました。

アロマセラピストの参加者が多かった4年前。
ここ数年は、ご両親を介護されている方や介護従事者の方も増えています。

長野県内は、軽井沢、佐久、上田、小諸、東御
長野市、木島平、松本、諏訪、塩尻、安曇野、木曽、そして関東から北陸の方まで、沢山の地域からご参加頂いています。

今は介護が必要ない方も、いつその時がやってくるか分かりません。これからの時代、誰もが身に付けておきたい知識とスキル。

この貴重な機会にぜひご参加ください。

介護アロマセラピスト養成講座の詳細はこちらをご覧ください