アロマの資格について

資格取得について

~アロマの資格についての基礎知識~

アロマの資格とは?

日本におけるアロマセラピー(以下アロマ)の資格は公的な国家資格ではなく、アロマ関連の協会や学会などがそれぞれの基準を設けて認定をしている任意資格です。ヨーロッパ発祥のアロマは1985年に日本に紹介され、民間の協会や学会などが多数設立されました。その後、日本におけるアロマは著しい発展を遂げ、近年では医療や福祉現場でのアロマの実践や各関係機関による精油の研究も進められ、今ではアロマの先進国になりつつあります。

また、近年TVなどで認知症への香りの有用性が紹介され、予防医学に対するアロマの可能性への期待もますます高まっています。ご家庭での楽しむアロマから、リラクゼーション、美容、スポーツ、教育、介護、医療現場まで、どのような場面においても安全かつ有用なアロマを行うためにも、今後、ますますアロマ関連の資格は必要不可欠なものとなっていくことでしょう。

アロマの資格認定を行っているのはどんな協会?

日本における代表的なアロマの協会は3団体。

ナード・アロマテラピー協会(NARD JAPAN) URL : http://www.nardjapan.gr.jp/

世界各国のアロマテラピー研究機関と提携し、ホームケア目的の一般使用から様々な専門分野まで、アロマテラピーに関する情報を提供していくための機関。ヨーロッパにおけるメディカルアロマテラピーの情報発信の中心である研究機関NARD(本拠地:ベルギー)の日本窓口で、ベルギーの精油メーカー、プラナロム社の輸入販売元の(株)健草医学舎が母体。精油に対する厳しい品質管理、膨大な臨床データにより、医療、介護従事者、アロマセラピストなどから絶大な支持をされています。2004年より、独自のアロマテラピーに関する研究、研修センター、農場を山梨に設置し、農場研修などの受け入れも行っています。

日本アロマコーディネーター協会(JAA) URL : http://www.jaa-aroma.or.jp/

1995年設立、現在3万人を超える日本最大級のアロマセラピー協会。アロマコーディネーターライセンス取得者の活動支援や職業開発。各種セミナーやアロマに関する様々な分野の情報提供、及びアロマの普及活動。2005年10月には、JAA発足10年を経て、協会及び正会員の活動や実績が広く社会に認知され職業として評価が得られたことで、「アロマコーディネーター」の名称は商標登録されました。また、2012年からスタートしたJAA主催のイベント「いやしの祭典」は、全国の主要都市でも開催され、JAA会員の活躍の場ともなっています。

社団法人 日本アロマ環境協会(AEAJ) URL : http://www.aromakankyo.or.jp/

1996年、日本アロマテラピー協会として設立。その後、2005年、社団法人日本アロマ環境協会として新たに発足。全国展開しているアロマショップの生活の木が母体で、日本有数の会員数を誇る協会のひとつ。アロマテラピーに関する正しい知識の普及、調査、研究活動、アロマテラピー検定、アドバイザー、インストラクター資格認定など。自然との共生を大切にしながら、香りのある心豊かで心地好いアロマの環境づくりを積極的に推進。アロマショップの全国展開により、まずは手軽にアロマを楽しんで頂くための様々な提案を行っています。日本のアロマの普及に大きく貢献している協会のひとつです。

どの協会も大変素晴らしい理念を持ち、社会に有益な活動を行い実績を積み重ねている協会です。また、yuicaのように理念に基づき、あえて協会を設立せずに認定を行っているケースもあります。

アロマについて、実はほとんどよく知らないけど大丈夫?

もちろん、全くの初心者の方から資格取得は目指せます。そこで、まずは知っておきたいアロマの3つのタイプをご紹介します。

アロマは、歴史的背景などから2つの方向へ発展しました。しかし、現在では、日本をはじめ諸外国においても、ホリスティック、メディカルという明確な括りにとらわれず、必要に応じ適切な方法で芳香療法が行われています。
そして、近年では、日本の豊かな森から生まれたyuicaを始め、国産の精油を使用した、日本ならではのアロマが確立され始めています。ただし、日本における精油の扱いは医薬品ではなくあくまでも雑貨扱いですので、精油を用いた医療行為はできません。

認定資格の種類はどんなものがあるの?

各協会などにより、資格認定の基準や資格の体系が異なりますので、それぞれのHPで、認定資格のシステムや認定後の特典を確認しましょう。以下は、当スクールで資格取得できる団体です。

参考までに

社団法人日本アロマ環境協会は、まず2級、1級のアロマテラピー検定があります。受験資格は設けておらず、市販の書籍を購入して、独学で学習し受験することも可能です。尚、当スクールは、日本アロマ環境協会には所属しておりませんので、アロマテラピー検定対応講座は開講していません。ご了承ください。

資格を取得した人達はどうやって活用しているの?

1 ご自身、ご家族、親しい方などへのアロマの実践

2 アロマショップ、リラクゼーションサロン、ホテルのスパなどの勤務

3 個人事業などの開業
自宅サロン、アロマ関連講師、ホテルや結婚式場などの空間演出、企業における商品開発

4 本業にプラスアルファーとしてアロマを導入するケース
  マッサージ、リフレ、整体などの施術者、スポーツトレーナー、美容関係、建築、インテリア関係
幼稚園、学習塾など教育関係、森林ガイド

5 介護、医療従事者による実践、及びアロマセラピストによる介護現場への導入
介護福祉施設、訪問看護、産婦人科、心療内科、ホスピス、グリーケアなど

どんなスタイルで学べばいい?

ライフスタイルに合わせ、通学、通信など学び方は様々ですので、ご自分に合った学び方を見つけましょう。
アロマ・フィエスタ以外の講座も含めてアドバイス致しますので、ご不明な点はどうぞお気軽にお問い合わせください。

> アロマ・フィエスタ資格取得コースのご案内はこちら